トップページ > 杜の暮らし > 週末別荘スタイル
美奈宜LIFE
永住スタイル
週末別荘スタイル
職住兼用スタイル
コミュニティ
住民さんのお庭拝見
美奈宜の杜 夏祭り
美奈宜の杜 文化祭
食と文化の祭典
美奈宜の杜 花と野菜の
ガーデニング・フェスタ
あさくら路観光案内
クロスロードふくおか 観光情報

週末は別荘で田舎暮らしとスローライフを楽しむ

福岡市内からも1時間以内で気軽に通え、程よい田舎暮らしを楽しめる美奈宜の杜。月曜から金曜までは都会で時間に追われる毎日でも、週末には温泉で仕事の疲れを癒し、豊かな自然の中で明日への鋭気を養う。将来は定住やレンタル別荘も視野に入れながら、人間らしい暮らしを楽しむ。
目前に林が広がるウッドテラスに立ち、「山の緑を見ているだけで心が洗われます」と笑うアウトドアと温泉が大好きな星野さん夫婦。現在はまだ福岡市在住。会社が休みの日に訪れては、自分たちの手で少しずつ外構や庭づくりを進めています。「おかげで体が引き締まった」とご主人さん。奥さんは「遊びに出かけなくなったけれど、理想のスローライフに近づいています」。腰を落ち着けて暮らしを作っていく楽しさを知りました。
ご両親と田主丸町で家業を営んでいる原田さん。仕事一辺倒だったご両親の「休日をのんびり過ごしたい」との願いから、美奈宜の杜に温泉を楽しめる家を建て、現在はセカンドハウスとして利用していらっしゃいます。休日は親子で揃って美奈宜の杜へ。木をふんだんに使ったログハウス風の家は、子供たちの大のお気に入り。のびのびと遊ぶ姿を見て、家族みんなが笑顔に。
ジーソンさん一家はハワイ在住。美奈宜の杜に住むご両親を訪ねてくるうちに自然豊かなこの街に魅了され、セカンドハウスで購入されました。ハワイが本拠地のお二人は、杜の家のバケーションレンタルを計画しています。「ハワイの日系人は温泉が好きで、九州にも旅行に来ています。ここにはヒーリングエナジーがある気がする。長期滞在に最適」と奥さん。実現すれば、新たな国際交流が広がるかもしれません。
「かねてから念願の森林・温泉付きセカンドハウス。大宰府の自宅から車で約40分と、自然がいっぱいあるのにもかかわらず、気軽に来れるので、週2回はやって来て日曜大工などを楽しんでます」とご主人。奥さんは「将来は美奈宜の杜のサークルにも参加したいですね。主人は陶芸、私はゴルフを楽しみたいと思っています」と、アクティブな週末別荘ライフを豊かな自然の中で満喫中。
柴田さんは大の中国ファン。年に2~3回は中国を旅し、語学や太極拳を学び、趣味で中国茶の急須を集めているそうです。そのご主人がたまたま美奈宜の杜を訪れた時、耳納連山の雄大な景色や鳥が悠々と飛ぶ姿を見て「探し求めていた陶淵明(自然詩人)の世界がある」と、ここに家を持つことを決意されました。「福岡市の自宅から週末だけ通い、菜園を手入れしたり、星空を眺めたり、温泉に浸かったり、穏やかな時間を楽しんでいます。」
福岡市近郊に住む手島さんご夫婦。定年後、温泉のある場所にセカンドハウスを持ちたい・・・、そう願っていたお二人が、美奈宜の杜に出合ったのは杜の湯が縁。とろんとした泉質が気に入り、迷わずこの地を選んだとか。「もともと浮羽が故郷なので、耳納連山や筑後平野を見渡せるロケーションも気に入りました」とご主人。「セカンドハウスは非日常的な空間でありながら、親戚が集うコミュニケーションの場所にしたい」と楽しみが膨らみます。
「空気がきれい。眺めも陽当たりも良く、杜の湯の大きなお風呂に入ってはのんびりと過ごしています。今はセカンドハウスですが、いずれはこの美奈宜の杜で暮らします。杜のサークルやイベントなどにも早く参加したいですね。」と奥さん。毎週末に美奈宜の杜の別邸を訪れるのが何よりの楽しみで、一日も早い「定住」を目指しているそうです。
現在、福岡市内に在住の大田さんご夫婦。「夫婦そろって大のゴルフ好き。美奈宜の杜をセカンドハウスとして購入したのは、街の中に秋月カントリークラブや美奈宜の杜温泉があるのが決め手でした。サークル活動やイベントが盛んな街。スポーツや趣味を通して、住民の皆さんとの交流にも励みたいと思っています」と奥さん。「毎週、第二の我が家を訪れて体と心を癒すのが楽しみ」とご主人。